« 枠線を付ける | メイン | あなたの知らない電源の話(続・電気代前編) »

2007年8月15日 (水)

S/PDIF出力化改造

久々の工作。
Windows VistaがサウンドカードSE-120PCIをまともに認識してもらえないから。

ドライバのインストール→音が出る

再起動

デバイスマネージャで×マーク。音出ない。

デバイス削除か無効化→再度認識させなおす→音が出る

でもまた次の起動時には×マークで音出ない。

繰り返し

さらに製造元のONKYOがVista用ドライバを出してくれないのが確定。同じサウンドチップ搭載のドライバも無いようで、いい加減痺れを切らし*1、マザー内蔵のサウンドを使うことにした。
オンボードののサウンド出力をそのまま使うのも芸がない。せっかくデジタルAVアンプがあるのだからデジタル信号でアンプまで持っていきたい。

mother_manual01.jpg
いまどきマザーボードはバックパネルに端子が出ていなくても大抵デジタル音声入出力を持っている。このマザー(A8N-VM CSM)マニュアルを見てみると、出力だけはあるようだ。マニュアルによれば別売りのS/PDIFモジュールを使えばデジタルでサウンド出力が可能になるようだ。
しかしこの別売りのモジュールは、付属品で無い限り使う人がほとんどいないからからちょっとやそっとでは手に入らない代物。
さてどうしよう。マザーから出ているのはどうやらS/PDIF信号そのままらしい。ということは、あのモジュールがやっているのはそのまま信号を加工せずにそのまま外部に出しているみたいである。モジュールには光出力(TOSLINK)も一緒に付いているが、もう一つの同軸出力がホントにそのままっぽい。幸い接続先のAVアンプにはデジタル同軸入力がある。てことはそのままマザーの出力をAVアンプに繋げばいけるんじゃないだろうか。
SPDIF_soto.jpg
それだけなら超簡単な工作でいけるんじゃないかと即作成。筺体の外部出力部には以前使っていたマザーボードに付属してて、そのまま使われなかったシリアル出力端子のブラケットを流用。ちょうどこれには本来の9ピンD-SUBコネクタの他に何故かピン端子を取り付けるのにちょうど良い穴が開いていた。穴を開ける手間まで省略できて非常にラッキーだ。ピン端子部は手持ちのに金メッキのしかなかった。まあいいか。
SPDIF_naka.jpg
内側から見た写真。2本の端子だけだったのでテスタの導通チェックだけでAVアンプに接続していきなり本番投入。BIOS設定でオフにしていた内蔵サウンドデバイスを復活。ドライバのインストールで躓く。マザー付属のだとXP用のドライバしかない。ここはgoogle先生に頼り、ASUSの他のマザー用に用意されたVista用ドライバをインストールする。で、再起動。
音は・・・意外にあっさりと出た。拍子抜けするぐらい。ここで初めてVistaの起動音を聞けた。いままで起動時はサウンドカードが動作してなかったからねえ。しかし、TOSLINKの時とは違い音が出ていない時以外はS/PDIF信号が出ていないらしく、AVアンプ側でアナログかデジタルか信号の種別を自動判別する仕様のため、無音時(信号が無い時)から音が鳴った時(信号がやってきた時)にAVアンプが信号を判別するラグで音や曲の頭が切れるという情けない事態に。これはAVアンプの設定で常時デジタル信号だけを受け付けるように設定変更することで解決。

さて、最初の自作機からの3代にわたる世代交代の中、唯一の生き残りパーツで丸6年もの間活躍してくれたSE-120PCIはこれでお役御免となる。

*1 とか言いながらβ版から10ヶ月ぐらい使い続けていたのだけど

投稿者 Amayu : 2007年8月15日 12:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.otto.to/~ada/cgi-bin/mt523/mt-tb.cgi/559

このリストは、次のエントリーを参照しています: S/PDIF出力化改造:

» auto sync clocks from auto sync clocks
Get now the best school bell system currently this week and available plus no... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2020年1月12日 17:48

コメント一覧

My chief is also eager of YouTube humorous video clips, he also watch these even in workplace hehehe..

投稿者 отличное крео для донора отличное крео для донора отли : 2019年11月10日 01:53

If some one wishes expert view on the topic of blogging and site-building then i recommend him/her to go to see this blog, Keep up the nice work.

投稿者 отличное крео для донора отличное крео для донора отли : 2019年11月 6日 05:54

たかがサウンドカードなのに当時の購入価格で¥18,000ぐらいしたんですよねえ。役に立たない以上いまはただのデッドストックになっちゃったのですが。

投稿者 あまゆ : 2007年8月15日 22:42

嫌われちゃいましたね♪

投稿者 usalyn : 2007年8月15日 17:10

コメントを送る?



画像の中に見える文字を入力してください。

名前を保存しますか?