« 2010ツアー和歌山 II 酷道を抜け空海入定の地へ | メイン | 個人ビデオライブ配信の時代 »

2010年10月31日 (日)

メモ書き:コマンドプロンプトで数値ゼロ埋め

デジカメ写真のリサイズとアップはIrfanviewを使ってそれなりにやり方が確立してきたが、Xactiの持ち出すにはデカすぎるサイズと無駄を切り詰める作業をどうにかしないといけない。
再圧縮でどこまで縮められるかとか手振れとか対応をあれこれやってる。
メモ書き。コマンドプロンプトからゼロ埋めの連番を生成する細工。
コマンドプロンプトは今のシェルからするとかなりできることは少ないが、大きな労力節約の為には多少の泥臭さには甘んじなければならない。
楽をするためには苦労は厭わないのである。


@echo off
for /l %%I in (1,1,%2) do (
if %%I LSS 10 (echo 000%%I) else (
if %%I LSS 100 (echo 00%%I) else (
if %%I LSS 1000 (echo 0%%I) else (
echo %%I)
)
)
)

aviutilでx264再圧縮のエクスポートを使うとファイルの日付が変わってしまう。そのままだとezTourでのGPSデータとの日時を使ったマッチングができなくなってしまうので、更新日付けを書き戻してやる必要がある。動画ファイルには撮影日付入れるところが無いのか。ファイルの日付を書き換える便利なソフト(Touchin:たっちん)があったので利用する。
そしてできたバッチファイルがこれ。


@echo off
for /l %%I in (%2,1,%3) do (
if %%I LSS 10 (
echo %1^000%%I
rem 更新・作成タイムスタンプを元のaviファイルの更新日時と同じにする
touchin.exe -w -c -sw%1^000%%I.avi %1^000%%I.mp4
rem ファイルリネーム
ren %1^000%%I.mp4 %4^000%%I^_s.avi
) else (
if %%I LSS 100 (
rem 更新・作成タイムスタンプを元のaviファイルの更新日時と同じにする
touchin.exe -w -c -sw%1^00%%I.avi %1^00%%I.mp4
rem ファイルリネーム
ren %1^00%%I.mp4 %4^00%%I^_s.avi
) else (
if %%I LSS 1000 (
rem 更新・作成タイムスタンプを元のaviファイルの更新日時と同じにする
touchin.exe -w -c -sw%1^0%%I.avi %1^0%%I.mp4
rem ファイルリネーム
ren %1^0%%I.mp4 %4^0%%I^_s.avi
) else (
rem 更新・作成タイムスタンプを元のaviファイルの更新日時と同じにする
touchin.exe -w -c -sw%1%%I.avi %1%%I.mp4
rem ファイルリネーム
ren %1%%I.mp4 %4%%I^_s.avi
)
)
)
)

投稿者 Amayu : 2010年10月31日 15:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.otto.to/~ada/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/869

コメント一覧

コメントを送る?



画像の中の文字を入力してね!!

名前を保存しますか?