« アクションカメラ | メイン | 10年前のGPSロガー »

2019年8月29日 (木)

AKASO V50X

買ってきたアクションカメラがこれ。
このジャンル、求められる性能が画質に寄っていないせいだろうか、中国製の安価な製品がやたらたくさん出ている。
本当に安いものは2000円台から、5000円~8000円程度の製品が数多く、機能もほぼ同じ。
本家のGoProとの価格差を考え、最初の1台はそれなりの製品を選ぶことにした。
北海道旅行では運転中のタイムラプス撮影専用にするつもりで、その後は手ぶら撮影に使おうかな、と。
今回選んだV50Xは発売が今年の7月らしく前期種からの進化版だというところと、
お目当てのタイムラプス撮影、加速度センサを使った手振れ補正機能、動画コーデックにH.264とH.265が使えるところなどで決めた。
アマゾンで割引クーポン適用で10000円を切る価格。
さて、64GBのメモリカード(上海問屋でUHS-3の64GBが999円)を挿入し、フォーマット作業を行い、映像を4K30fps、タイムラプス撮影間隔を10秒に設定した。撮影モードをタイムラプス動画に変える。撮影可能時間が表示された。
P1030895.jpg
711時間08分25秒だと!?29.7日撮影できる計算だ。もちろん電源は常時供給しておく必要があるが。コーデックをH.265に設定しなおしてみると、
P1030893.jpg
849時間47分25秒とさらに一週間多く撮影可能になる。
ドライブ画像撮影は長くても1日あたり8時間ぐらい。本番までに操作方法を把握して最適な設定を模索しよう。

投稿者 Amayu : 2019年8月29日 00:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.otto.to/~ada/cgi-bin/mt523/mt-tb.cgi/984

コメント一覧

コメントを送る?



画像の中に見える文字を入力してください。

名前を保存しますか?