はじめに
PCIデバイス制御方法
内部構造
DLL部分
NT用ドライバー
95/98用ドライバー

 

 

Pcidebug.dllは2つの部分で構成されています。Win32アプリケーションからの呼び出しを受けるDLL本体と実際にハードウエアにアクセスするデバイスドライバーです。

ハードウエアアクセスの方法はNT95/98では大きく異なります。NTではHALを通してすべて行いますが、95/98ではドライバーから直接または、コンフィグレーション空間のアクセスはPCIBIOSを呼び出すことにより行います。

この様に異なるため、デバイスドライバは2種類用意し、実行された時の環境に応じてどちらかのドライバーをロードし呼び出します。OSに依存するハードウエアアクセス部分はデバイスドライバー内で全て行うこととし、DLL部分は出きるだけOSに依存せず共用することにします。

wpe3.jpg (46885 バイト)

※図をクリックすると拡大します。

戻る 上へ 進む